住まい・インテリア

フェンスを修理

フェンスを修理

Fence もとさんッ家の玄関脇の木製フェンスがあちこち朽ちてきてぐらぐらしはじめました。
ホームセンターに、代わりを買いにいきましたところ、売場におなじサイズのフェンスが無いのです。
最近はモジュールがもっぱら90センチ、すなわち90×90か90×180のようです。
こちらは塀の高さにあわせて、60×180。むかしはあの売場にあったのにと言って店員さんに確認しても無駄でした。

仕方がないので、朽ちたところを補強し何とか再利用することにしました。
ぐらぐらしていたフレームの4辺角は三角に切った板きれを釘で打ち付けてやりました。
内部の格子材は、交点の釘が錆びてはずれているところをボンドで接着しました。
痛む腰をなだめつつ、作業すること2日間のべ約10時間でやっとかたちがつきました。
時給千円としても一万円の大仕事となりました。

このままもとの位置に針金でくくりつけるか、先に防腐剤を調達してきて塗るべきか思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お料理を習いに行きました

お料理を習いに行きました

生まれてはじめて、おっかなびっくり料理教室に出席しました。
昨年秋に、ガス給湯器を最近注目のエコ給湯機に交換してもらった縁で
その会社が主催している料理教室に招待があったのです。
3名ということで、同じ住宅の親しい奥様と家内、それにもとさんが
加わることになりました。
料理教室は本格的な料理学校で、今日は私たちのような招待者のための
特別コースだったようです。生徒は23名、男はもとさん一人。
4班にわかれて、それぞれ同じメニューを助手の先生の指導を受けなが
らこなしました。
献立はビストロ風簡単ランチ
 1.サーモンのベーコン巻き
 2.じゃがいものミルクグラタン
 3.きのこたっぷりスープ
 4.気まぐれサラダ
上記を班内でそれぞれ1ないし2品担当するのですが、
もとさんは一番簡単そうなサラダを真っ先に選ばしてもらいました。
それでも、用意されているサラダの材料は、かぶ、れんこん、ブロ
ッコリー、ラディッシュと、多様な野菜で、慣れない手つきでもた
もたして、ブロッコリーは結局他の奥さまに処理してもらう羽目に。
それでも約1時間の格闘で、無事できました。
「簡単ランチ」といいながら、この4品の料理の中身は正餐といっ
てもよいほどで、上の料理にパンが添えられ、さいごに主催者側で
あらかじめ用意された焼き菓子と紅茶が出て、味は大満足でした。

料理講習の間に、調理に使用する最新式のガス調理器の捜査説明が
あり、主催者のおもわくは、これらガス調理器の紹介、普及にあっ
たとおもわれます。
ごちそうになったから言うのではありませんが、このコンピュータ制御の

ガス調理器はなかなかのすぐれものと思いました。

帰りに更衣室の壁に貼ってあった正規のコースの受講募集をみると
各コースとも1回の受講で3000円ほどでした。今日のごちそう
も、街中のレストランで食べれば、このくらいの値段はするだろう
と思います。(1食もうかった(笑))
この教室に男だけを対象にしたコースもあり、人気があるようです。
機会があれば、3000円払ってでも参加してみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グループホームの開所式に行ってきました

もとさんの住んでいる所から500メートルほどの畑の中にR・Sという
グループホームが建設されました。
R・S(イタリヤ語だそうでしゃれた名前ですが長くて憶えられません)
今日はその開所式で施設内の見学もできるというチラシがはいったので
家内と行ってきました。

新しい部屋はなかなか快適そうですし、食堂やホールなども明るくゆったりしていて
「これなら今すぐでも二人で移り住みたいね」などと機嫌よく話していましたが、
受付で貰ったパンフレットをよく見、案内スタッフの話を聞くと、
入所には要支援2から要介護1~5の認知症の認定
が必要であることが判明しました。

われわれはまだお呼びでないことがわかったので、

見学のあとの開所式とパーテイの出席は遠慮して、
パーテイのご馳走に心をのこしつつ帰りました。(笑)
しかし、この経験は後味の悪いものでした。
知識不足とはいいながら、うかつにも最近盛んに建設されているグループホームが
健康快適な老後の生活の場ではなく、認知症患者の収容所だとは思いもよらない
ことでした。この施設に入所するかどうかは、入所者が決めるのではなく、
要介護老人を持て余す周囲の人たちの都合によるのではないか。
もとさんの場合だと、地域のケースワーカーと、別居している息子や嫁が決める
ことになるでしょう。グループホームにだけは入る境遇になりたくないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)