« 2013年9月 | トップページ | 2014年4月 »

2013年11月

11月の月下美人

2013年11月28日 月下美人

わが家の月下美人はもう20年も毎年夏に玄関先で
高貴な花を咲かせてくれていました。
今年は咲かなかったので心配していました。
10月にはいって、ちいさなつぼみがひとつだけ出来ました。
それが、11月24日になって、ふくらみかけたのです。
以下はその顛末

今日は咲きそうな11月24日朝 9時37分

1_3

夕方から見張って15時間後11月25日 1時18分

3_2

翌朝11月25日 7時19分 朝になってもこの通り
4_2

3時間経過した10時00分
5_2


そのまま、3日後11月28日12時30分ついに・・・・・・・
6

11月も終わりに近く咲こうとして3日もがんばったのに
果たせなかった月下美人。
植物の本で調べてみると花期は11月までとありました。
つぼみを持つことは不思議ではなさそう。
でも、この寒空についに咲かずに終わったのは残念です。
あまり楽しいことのなかった今年の世相を花も感じたのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

便座の取り換えにつづいて洗濯機も取り換えさせられました!

2013年11月9日 洗濯機もとりかえさせられた!

もとさんン家のトイレのながいこと使ってきた便座が壊れ、
座ると便座が冷たかったり、お尻がやけどしそうな熱い洗浄水
が出たりと危ないので取替えました。
その時の水道接続工事で腐食しかかっていた水道管の継ぎ手
に無理がいったとみえ、まもなくそこから亀裂がいって
床下水漏れの災難にあいました。
それを修理してもらったら、
今度は傍の古い洗濯機が水道工事のための一時移動の際の
振動でモーターがいかれてしまい、洗濯機修理より買い替えを
選ぶこととなりました。

 

前回洗濯機を購入した近所の家電店ー近くといってもバスで15分ほど
のところーは大手の家電チェーンに吸収合併されてなくなっており、
今回は次に近かったお店に行きました。
ここは最近パソコンのプリンターやFAX電話機などを買っている店です。
妻と二人、洗濯機売り場で品定めしかかると、こちらの買い気を察して
若い女性店員がやってきていろいろ説明をしてくれ、勧められたのが今
の機種と同等の仕様でメーカーも同じ、これがいいと思ったものの、
ついている値札が出かけるまえにインターネットの価格ドットコムで調べ
た値段より高いので、思い切ってそのことを言うと、彼女は即座にスマホ
を取り出して確認し、上司と相談してきますと奥に入り、やがて戻ってきて、
インターネットの値段でよいですとのこと。それを買うことにきめました。
他店の情報が役立ったのがすこし嬉しいような申し訳ないような気分。

 

2日後に配達してもらう約束して帰りました。

 

2日後のお昼すぎ、約束どおり新しい洗濯機が届きました。
目方が39kgと結構な重さがあります。
持ちこむのに二人がかり、それに給水排水の接続を含め、
1時間ほどかかって、めでたく新旧交換。

Sentakuki

左が壊れた9年前の洗濯機、右が今度買ったもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水難の駄目押しダァ!

2013年11月7日 水難の駄目押しダァ!

トイレ便座取替えによる水道パイプ損傷で起こった水漏れは
なんとか修理が終わりました。

さて、妻がこれから洗濯にかかろうと隣の脱衣室にある洗濯機
の電源をいれたところ、轟音をあげて振動しはじめました。
驚いてスイッチを切り、素人ながら点検をしてみると、先の
水漏れ個所調査の際にこの洗濯機を壁際から移動したのが
悪かったらしいのです。

翌日、メーカーのT社サポートに電話をしたら次の日に係の人が
やってきました。電源をいれて注水し、なにやら動作を調べて
いましたが、診断の結果は
 モーターの軸が摩耗しかつ曲がっている。そのためドラムが
 側壁に接触して異音と振動を発して回転不良となっている。
 修理にはモーターの取替えが必要。それにはウン万円かかる
 ので買い替えをすすめる。
というものでした。

彼は、この古さ(9年経っている)ではモーター修理をしても、
早晩他のところでも故障が頻発するだろうともいい、
妻はそれをきいて、人間でも歳とると一か所治してもあちこち
病気はでてくるとお医者さんが言ってたと納得したようなこと
をいうし、もとさんもそれは理屈がとおっていると思うので、
電気屋さんには何もしないで帰っていただきました。    
 もちろん出張費は3360円!。

その日、昼からふたりで早速一番近い量販店に洗濯機を買いに
行きました。2日後の昼から配達してくれるそうです。
それまで最小限の洗濯ものを手洗いして凌ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもや水難

2013年11月5日 またもや水難

Cimg2140a


家の裏で妻の叫び声がしたので行ってみると、コンクリート床の上が水びたしになっています。
壁面からはさらに水がじわじわと浸み出してきています。壁の内部で水漏れがおきているようです。

翌日、水道屋さんに来てもらいました。
水道屋さんはこの道40年という初老のおじさんでした。
Cimg2142a_2


水道屋さんは濡れている脱衣室の洗濯機を移動させ、このあたりと
思われるところの壁に穴をあけてみましたが、水漏れの原因はそこではありませんでした。
Cimg2145a


続いて、トイレのタイルを割ってその配管の先を調べていくと、止水栓と
配管の継ぎ目のところが>ひどく濡れているのがみてとれました。
水道屋さんは「ここだ」といって継ぎ目の錆びを落としたら、そこからポキリと折れ、止水栓が外れてしまいました。継ぎ目から腐食が進んでいたようです。
外れた止水栓には折れた配管継ぎ手の先端部分が錆ついて
残っているため使い物になりません。>継ぎ手と止水栓を取替え、給水タンクと便座への配管をつなぎなおして一応補修完了となりました。
漏水個所を探すために壁にあけた穴は、後日、別の大工さんがきてもと通りにしてくれるそうです。
古い家だし、夫婦以外の目に触れるところでもないので、壁の穴のあと
が残ってもまあいいか、といったところです。
水道屋さんは、「ほかにも水漏れがあるかもしれないから、しばらく
注意しているように」と言いおいて帰りました。
それから3日たちましたが、家の裏のコンクリート床は乾いてきています。やれやれです。
Cimg2146a


この漏水で思い当るのは、故障して1か月まえに取り換えた便座の工事です。
新しい便座に配水するため、止水栓の配管も取替えましたが、そのさい止水栓の根元の継ぎ手に
無理がいったのでしょう。錆びてもろくなっている継ぎ手にひびがはいり、ついに漏水に至ったものと思われます。
わが家は古家。もとさんの健康と同様、不具合をかかえつつ、これからもこうして
つきあっていかねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年4月 »