« МR検査機に入りました | トップページ | 黒えだまめ »

МR検査(その2)

2010年9月27日 МR検査(その2)

МR検査機に入ってから1週間たちました
今日はその結果を承る日です。
まずは血液検査の結果から。
やはり、PSA値は高いそうで、7.5ありました。
次は問題のМRIの映像です。
腰のあたりの断層写真10枚ほどが一枚に配置された
フイルムが4枚あって、これをお医者さんは
X線写真を見る要領で、うらに蛍光灯を仕込んだ
すりガラス面にかざしてさし示しながら
この段階ではあまりよくわからない」とのこと。
お目当ての病巣があったとしても小さいらしいです。
重ねて「直接資料をとって検査をする方法もあるが
このケースでは健全な部分のみしか採取できない
可能性高く、結果が信頼できるとはいえない、
まあしばらく様子をみましょう」
ということになりました。
あと、この先生話好きとみえ、次の患者も待っていない
気安さから前立腺がんについていろいろ説明してくれました。
年齢が検査や治療の方法に関係あるとのことです。
若い人は徹底的に調べて、早期発見早期治療を心掛ける、
手術も積極的に行うが、
老人は薬でおさえる方法が主になる。
もともと年寄りになると前立腺肥大症とか
加齢にともなうトラブルがおこるのは
やむを得ないところだ。
ところで、あなたの年齢はその中間であるから
たとえ診断がはっきりしたとしても、
治療をどっちの方針で行うかむつかしいところだ。
そうです。(「悩ましい」と表現されました。面白い先生!)
それで、「1カ月後にまた来なさい」ということになりました。
お騒がせもいいところ、もとさんとしては
お医者さんの言う老人の域にはいるまで
もう2-3年はほっといてほしい気持ちです。

S夫人の話:主人にはきつく言って年に一度の健康診断には

       必ずオプションでPSA検査を受けてもらうのよ!

|

« МR検査機に入りました | トップページ | 黒えだまめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531063/49595940

この記事へのトラックバック一覧です: МR検査(その2):

« МR検査機に入りました | トップページ | 黒えだまめ »