« 西九州台風9号同伴ツアー(その4) | トップページ | МR検査機に入りました »

МR検査を受けることになりました

МR検査を受けることになりました

もとさんは持病の高血圧のせいで、10年来の病院通いですが、最近は薬が体に合っているのか検査結果が良好で、通院の間隔をかなり延長されるまでになっています。
ところが、今日8週間ぶりに診察した主治医の先生が、前回7月27日に採血した血液検査の結果を記したカルテに目をとおしながら、「まずまずの結果だが、念のため行った「前立腺特異抗原PSA」の数値が8.5とでている。すぐに泌尿器科に行ってもらいたい。」とのこと。何じゃそれ?と思いながらそちらへ回ると、前立腺専門の先生がおられて、エコーで下腹部を診察したあげく、あらためて、前立腺疑惑の目で血液検査をするため、新たに採血をされました。更に、明日の予約でいまはやりの「МR検査」をすることになりました。
ここまでの医師の見立ては
 前立腺特異抗原PSAの数値が8.5とは、通常の3倍くらいの数値である。
 2年前に当院で診察したときはこの数値は3.0であった(本人記憶なし)
 採血時の体調によっても変動するので、
  この数値が病状を正確にあらわしているとは言えない。
 エコーで見た限りでは、やや前立腺が大きいが目立った病変は認められない。
 本人はまったく自覚症状が無いと言っている。
 よって、これから前立腺の病気に関する精密検査を行って診断を下す。
とのこと
実は、検査のために紹介された病院は、もとさんの通院している病院が母体となって彩都ニュータウンにがん専門の新病院;という触れ込みで立ちあげられたもの、もとさんはそちらにまわされてМR検査をしてもらうことになったのです。
こちらの病院から送迎を出しましょうかとの親切な申し出に面食らいました。
がん治療を主に扱う病院なので、よい試験材料が舞い込んできたとばかりにつかまえられたということかもしれません。(そんなことはないか)
設立に際して記念講演会があって、設立母体となった病院の一患者として出席し、院長のがん制圧への新病院に期待する熱弁を承ったことを思い出しました。
新しい病院で新しい設備で検査を受けるのは嬉しいような複雑な気持ちでいます。

|

« 西九州台風9号同伴ツアー(その4) | トップページ | МR検査機に入りました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531063/49521941

この記事へのトラックバック一覧です: МR検査を受けることになりました:

« 西九州台風9号同伴ツアー(その4) | トップページ | МR検査機に入りました »