« 2009年のもみじ | トップページ | お正月と孫の自転車 »

自作PCの出番が来た

2009年12月18日 自作PCの出番が来た
Emachinekai もとさんには5つ年下の弟がいます。北陸のK市で悠々自適の暮らしです。
その弟から電話があり「今度、光ネットに入ることにした。ついては、どんなPCを購入したらいいだろうか?」とのこと。もとさんは即座に「私の自作PCを貰ってくれないか」といいました。

まあ、兄貴のいうことなら・・・・と話がついた次第。これで、動くようになったものの、部屋の片隅で所在なげにしていた自作PCにやっと就職先がきまったわけです。もちろん、共同制作者の若い相棒にも了解してもらわなければなりませんが。
彼は、大学で化学を専攻し、社会にでてからはコンピュータの草分けであるIB社に勤め、のちに、この方面では我が国を代表するNE社にヘッドハンチングされて活躍した華麗なる経歴の持ち主ですが、それだけにこだわりもあるのか、いまだにPCも持たず、メールアドレスも無いようで、どうなることかとひそかに思って来ましたが、やっとその気になったようです。なんでも、大学OBの山岳同好会のメンバー約千人のうち、メールアドレスを持っていない人は5人くらい、と、彼は電話口で笑っていいました。

おもえば、この弟が大学生だった50余年前、訳あって彼に自動車の免許をとるように仕向けたもとさんが、こんどは半世紀を経て、PCのきっかけをつくることになろうとは感慨深いものがあります。
むこうで光ケーブルの工事が終わるまでに、パソコン宅急便でこのPCを送ってやるつもりです。はじめてのことで、ネット接続は自分ではできないでしょうから、10年ぶりにK市を訪ねて、初期設定をしてあげようと、今からわくわくしています。

|

« 2009年のもみじ | トップページ | お正月と孫の自転車 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

もとさん、こんばんは。

「雌伏、5ヶ月」、やっと晴れ舞台ですね。
上手く行く様に祈っています。

投稿: TAKA | 2009年12月18日 (金) 23時27分

TAKAさん
ご訪問、コメントありがとうございます
失敗ばかりの自作PCプロジェクトを
いつも楽観的に励ましていただいて
とても嬉しいです。
パソコン宅急便(クロネコです)
が無事に運んでくれるか?
向こうで無事つながるか?
今のところ心配は尽きませんが
兄貴の面目にかけて
やるっきゃない!です。
もとさんより

投稿: もとさん | 2009年12月19日 (土) 11時58分

開通したら、ネットワークの設定もしてあげてください。
プロバイダとかメールの設定とか、結構面倒くさいですよね☆

投稿: ふつか | 2010年1月10日 (日) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531063/47050885

この記事へのトラックバック一覧です: 自作PCの出番が来た:

« 2009年のもみじ | トップページ | お正月と孫の自転車 »