« 自作パソコン(第5回) | トップページ | 65歳以上の市民対象の運動機能測定に参加しました。 »

自作パソコン(第6回)

2009年7月15日 自作パソコン(第6回)
完成はまだ先です。
机の上にバラバラの状態で置いた部品を結線したパソコンが
何とか起動してインターネットにつながってから4週間。
すぐにもケースに組み込んで完成と思ったら、どっこい難問
にぶつかりました。
音が出ないのです
いろいろやってもシステムが音源を認識してくれないので、
最初に戻り、今回自作のために流用したマザーボードの仕様
をチェックしたところ、パソコンショップで買ったXPには、
このマザーボードの持つサウンドのためのドライバがついて
いないことがわかりました。
サウンドドライバを探す
次の手として、ドライバをダウンロードしようとしましたが
マザーボードのメーカーがわかりません。そこで、このマザ
ーボードを搭載していた、もとのパソコンのメーカーに電話
連絡をいれましたが、「電話がこみあっています。しばらく
お待ちください」に3日間悩まされ、やっと繋がったと思っ
たら、古いパソコンのサポートは有料とのこと。応対の人に
「音声のドライバがほしい」と話して、代金を振り込んで更
に3日後、リカバリーCDを手にいれることができました。
そのCDから、これと思われるドライバをインストールして
みたのですが、今度は、インストールできているのにもかか
わらず、依然として音が出ない。コントロールパネルからサ
ウンドのプロパテイをみてみると、システムはスピーカーを
認識していません。
メーカーの電話サポート
次の手として、もとのパソコンのメーカーに直接電話サポー
トを求めることにしました。リカバリーCDの場合同様、サ
ポートに電話が繋がるまでひたすら電話をかけつづけ、受付
してもらい、更にサポート料を振り込んで、やっと相談に応
ずる係りの人の声を聞くことができました。結論は、他社の
OSではドライバだけ取り換えても駄目だということ。はじめ
から、リカバリーCDでOSをいれなおすほかなしということ
でした。それから延々1時間、電話で連絡をとりあいながら
もとのパソコンのOSをインストールしました。
そしたら、待望の音が、スピーカーから出てきたのです。
長時間つきあってもらったメーカーのサポートに礼をいって
(有料だから礼をいうこともないか!)この件は一応解決です。
しかし、せっかく購入したXPは無駄になるし、有料サポート
でお金と時間をかけたあげく、今このパソコンで働いている
OSは2005年製で、古い壊れたパソコンのOSと同じものに
戻ってしまったというのは、不本意なものがあります。
ここまでは、相棒には知らせずにやってしまいました。
次回、彼が来る時まで、このままにしておくつもりです。

|

« 自作パソコン(第5回) | トップページ | 65歳以上の市民対象の運動機能測定に参加しました。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

もとさん、こんにちは。

色々ありますねぇ。
箱入れ完了まで、まだ、何があるか分かりませんね。

ちなみに、OSは古くても、XPなら、最新版のSP3まで、マイクロ
ソフトのWindowsUpdateサイトから無料でアップデイトすること
が出来ます。

投稿: TAKA | 2009年7月16日 (木) 10時36分

TAKAさん

いつも、親しくコメントくださってありがとうございます

もとさんのアタフタぶりに苦笑されていることでしょう

若い友達の壊れたパソコンをいじくりまわして、

とんでもないことになってきました。でも、面白いです。

投稿: もとさん | 2009年7月16日 (木) 15時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531063/45644627

この記事へのトラックバック一覧です: 自作パソコン(第6回):

« 自作パソコン(第5回) | トップページ | 65歳以上の市民対象の運動機能測定に参加しました。 »