« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

65歳以上の市民対象の運動機能測定に参加しました。

2009年7月21日 65歳以上の市民対象の運動機能測定に参加しました

先週、市の高齢福祉部が実施する
65歳以上の市民対象の運動機能測定に参加しました。
さきごろ受けた健康診断の「生活機能調査アンケート」
の運動機能についての設問に、正直に
「階段の昇降は手すりが必要か:yes」
「椅子から立ち上がるときつかまる物が必要か:yes」
「この一年間に転倒したことがあるか:yes」
などとチェックをいれたもので、マークされたとみえ、
この催しに誘いがかかったようです。
今回は近所の公民館のホールで、参加者は15名でした。
もとさんは2番目くらいの高齢。
4名のスポーツインストラクター風の女性がきてくれて、
各種の測定器具が会場にもちこまれていました。
椅子に掛けての準備体操(10分ほど)ののち、
測定開始です。
(1)5メートル歩行速度
   15m歩いて中間5mの時間をはかります。
(2)Up&Go
   椅子から立ち上がって3m先のポールを回って
   帰り、もとの椅子に着席する時間をはかります。
(3)握力
   握力計をにぎって手の握力をはかります。
(4)全身反応時間
   ランダムに点灯するランプに反応してジャンプ
   し反応時間をはかります。
(5)長座位体前屈
   足を伸ばした状態でかがみ、手先が届く位置を
   測定します。
(6)開眼片足立ち
   目を開け、手を腰に、片足で立っていられる
   持続時間をはかります。
以上、全員の測定、所要時間約1時間半ほど。
結果をコンピュータに入力して、報告書作成を待つ間、
簡単な体力保持のための筋力トレーニングの講習があ
りました。筋力トレーニングの心得として以下の話は
目からうろこです。
・歩くだけでは、十分な筋力はつかない。
 (合理的トレーニングが必要)
・筋力トレーニングはゆっくりやること。
 (早くしない)
さて、測定結果ですが、レポートには、測定値のあと
に、年齢別平均値と、目安として、測定項目ごとの点
数と、体力年齢が、記載されていました。
もとさんは、測定項目(1)から(5)までは、大体
よろしいようです。とくに、(4)は、若いころから
すばしこいといわれていただけに、40歳代とのこと。
ところが、(6)に至って目をうたがいました。
片足立ち3秒、これは90歳代の成績。もとさんの年
齢での平均は10秒であると書かれていました。
最近、よく転んで怪我をしていますが、原因は、この
あたりにあったようです。足腰の筋力が衰えていると
解説されました。なるほど、片足で立つと腿の筋肉が
すぐに悲鳴をあげました。インストラクターの女性に
さきほど教えた足腰の筋トレをしっかりやってくださ
いと言われました。
この体力測定は無料で年1回受けられます。この次に
は、筋トレの効果で成績をあげたいと思います。
各自治体でも、この体力測定と筋力トレーニング指導
の導入により、寝たきり老人が減るといった成果が得
られているそうで、めでたいことです。
ちなみに、まわりの人、数人にこの話をして、片足立
ちをしてもらったところ、みな、簡単にクリヤーする
ので拍子抜けしました。聞くと、各自、ゴルフあり、
スポーツジムありと、それぞれに体力維持を心がけて
いるそうで納得しました。ある人は、「もとさんのよ
うに自分の恥を触れ回るのは珍しい、たいてい、成績
の悪いものは隠すものだ」といいました。褒められた
のかけなされたのか微妙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作パソコン(第6回)

2009年7月15日 自作パソコン(第6回)
完成はまだ先です。
机の上にバラバラの状態で置いた部品を結線したパソコンが
何とか起動してインターネットにつながってから4週間。
すぐにもケースに組み込んで完成と思ったら、どっこい難問
にぶつかりました。
音が出ないのです
いろいろやってもシステムが音源を認識してくれないので、
最初に戻り、今回自作のために流用したマザーボードの仕様
をチェックしたところ、パソコンショップで買ったXPには、
このマザーボードの持つサウンドのためのドライバがついて
いないことがわかりました。
サウンドドライバを探す
次の手として、ドライバをダウンロードしようとしましたが
マザーボードのメーカーがわかりません。そこで、このマザ
ーボードを搭載していた、もとのパソコンのメーカーに電話
連絡をいれましたが、「電話がこみあっています。しばらく
お待ちください」に3日間悩まされ、やっと繋がったと思っ
たら、古いパソコンのサポートは有料とのこと。応対の人に
「音声のドライバがほしい」と話して、代金を振り込んで更
に3日後、リカバリーCDを手にいれることができました。
そのCDから、これと思われるドライバをインストールして
みたのですが、今度は、インストールできているのにもかか
わらず、依然として音が出ない。コントロールパネルからサ
ウンドのプロパテイをみてみると、システムはスピーカーを
認識していません。
メーカーの電話サポート
次の手として、もとのパソコンのメーカーに直接電話サポー
トを求めることにしました。リカバリーCDの場合同様、サ
ポートに電話が繋がるまでひたすら電話をかけつづけ、受付
してもらい、更にサポート料を振り込んで、やっと相談に応
ずる係りの人の声を聞くことができました。結論は、他社の
OSではドライバだけ取り換えても駄目だということ。はじめ
から、リカバリーCDでOSをいれなおすほかなしということ
でした。それから延々1時間、電話で連絡をとりあいながら
もとのパソコンのOSをインストールしました。
そしたら、待望の音が、スピーカーから出てきたのです。
長時間つきあってもらったメーカーのサポートに礼をいって
(有料だから礼をいうこともないか!)この件は一応解決です。
しかし、せっかく購入したXPは無駄になるし、有料サポート
でお金と時間をかけたあげく、今このパソコンで働いている
OSは2005年製で、古い壊れたパソコンのOSと同じものに
戻ってしまったというのは、不本意なものがあります。
ここまでは、相棒には知らせずにやってしまいました。
次回、彼が来る時まで、このままにしておくつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »