« 庭の梅の実をとりました | トップページ | もとさんは「特定高齢者」 »

難波歴史の道(3)

2009年5月12日 難波歴史の道(3)

今日の産経新聞夕刊「暮らしと経済」面のトップは、思いがけず
過去2回もとさんのブログで題材にした「難波歴史の道」でした。
我が意を得たりで、しつこいようですが、また書きます。
この記事の書き出しは
「大阪のど真ん中に約10万平方㍍規模の古代都市遺跡が保存され
ているのは、奇跡に近い」

とあります。
以下、主な記述をたどると
・森ノ宮にある「大阪歴史博物館」の地下でガラス越しに難波宮の
 遺跡が見られる。
・そこから、現在の近鉄のガードまでの道は、真っ直ぐ朱雀大路が
 あった痕跡と重なる。
・その道は四天王寺付近まで達しており、ここが、都の南の入り口
 であったらしい。
・四天王寺の山門の造営は難波宮の造営と時代的に重なる。
・この地域には、当時の面影を示す遺構が数多い。

そして、この記事は次の言葉で締めくくられています。
「大阪城から南へ難波宮跡・四天王寺・住吉大社へと続く上町台地
こそは、生きた歴史ミュージアムである。」

よくぞおっしゃってくださいました。修学旅行の生徒たちも外国で
遊んで、ついでに風邪ひいてくるひまがあったら、ぜひここを歩い
て大阪のルーツを体感してほしいと思います。
産経新聞のサイトには、残念ながら上記の記事がアップされていな
いようなので、自前でとりあえずコピーをしました。詳細は こちら

|

« 庭の梅の実をとりました | トップページ | もとさんは「特定高齢者」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何度か「大阪歴史博物館」に行ってきました。
そして、すぐ側にある公園も行きました。

>ついでに風邪ひいてくるひまがあったら、ぜひここを歩い
て大阪のルーツを体感してほしいと思います。

拍手┗(^o^)┛パーン┗(^o^)┛パーン

投稿: (^^♪E | 2009年5月18日 (月) 22時38分

(^^♪E さん訪問コメントありがとう

今、中3の孫娘の学校から関西に修学旅行に来ているのですが

豚インフルのせいで大阪には足を踏み入れないとのこと

彼女たちの貴重な体験の機会が失われて惜しい限りです

投稿: もとさん | 2009年5月19日 (火) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531063/44993083

この記事へのトラックバック一覧です: 難波歴史の道(3):

» さびれた森の宮界隈を惜しむ [もとさんのブログ]
2009年5月5日 さびれた森の宮界隈を惜しむ こどもの日、毎年恒例の会議に出席 [続きを読む]

受信: 2009年5月12日 (火) 23時27分

« 庭の梅の実をとりました | トップページ | もとさんは「特定高齢者」 »