« 後期高齢者の健康診断 | トップページ | 路線バスの高齢者優待パス値上げ »

たかがレジ袋、されど嗚呼レジ袋

たかがレジ袋、されど嗚呼レジ袋

近所の行き付けのスーパーでは、黙っていれば何枚も
ポリのレジ袋を無料でつけてくれます。
もとさんは、いつも家内がレジでお金を払う前に持参した
買物袋を出して「
レジ袋いりません」といい、レジの人も
特別の「
ありがとうございます」を言っているのをみていて、
ささやかなエコ心が満足していました。

今日はもとさんひとり、買い物はバナナ1袋なのでレジでは
シールを貼ってもらうだけにしましたが、目の前の台で
レジ袋に買い物を入れ終わったおばさんが、余ったレジ袋
をくしゃくしゃと丸めて今にも捨てそうに、でもさすがにゴミ
箱には捨てかねている様子。次の瞬間、本当に捨てそう
にしたので、もとさんは思わず「
それ、ください」と言って
しまいました。 
(なんてことを!)

2枚あったので、持って帰り、1枚ずつ書斎の紙くずがごの
中袋に使うことにしました。
このスーパー、サービスがよくて繁盛しているのですが、
お客さんへのレジ袋は少な目に渡すようにしてくれたら
もとさんも出すぎた行動せずにすんだのにと悔しいです。

とりびあ一言---「レジ袋」という言葉は正式な日本語にはないそうです。
(wikipediaより)
なるほど、もとさんの持っている広辞苑第四版には載っていません。
いずれにしてもこの言葉、日本で市民権を得たのはごく最近のようです。

|

« 後期高齢者の健康診断 | トップページ | 路線バスの高齢者優待パス値上げ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

レジ袋、ゴミを捨てる時便利ですね!

「おくりびと」eyeて来ました。
やっぱり、アカデミー賞をもらうだけの映画だと思いましたよ(^^♪
泣き笑いして来ました。

最後の方で、「死は終わりでなく、次のステージの入り口です」というようなことを、言われていました。
ミヒャエル・エンデが「死はドアを開けて次の部屋に行くようなもの」と、言っていたのを、思い出しました。

投稿: (^^♪E | 2009年3月19日 (木) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531063/44391529

この記事へのトラックバック一覧です: たかがレジ袋、されど嗚呼レジ袋:

« 後期高齢者の健康診断 | トップページ | 路線バスの高齢者優待パス値上げ »