« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

「おくりびと」観に行ってきました

「おくりびと」観に行ってきました

いやあ良かった。
もとさんも、多くのレビューに記されているように
映画に感情移入して、画面に向かって大泣き
しました。
アカデミー賞もお義理やまぐれで受賞したもの
でないということがよくわかりました。
この映画が、作品として優れていることは、ここに
下手な再論は必要ないと思います。

ひとつだけもとさんの薀蓄を披露しますと、
「映画には1カ所、ポルノが必要」であると故伊丹
十三は彼の映画論で言っていますが、この
まじめな映画に、主役のSEX場面をきっちり入れて
いるところ、参りました。
その他、伊丹は映画を魅力的にする方法について
いくつか述べていますが、この映画の冒頭部分の
きわだったコミカルさや感情表現のための自然描
写(鳥や雪など)はまさに彼の主張した映画の
王道に照らしても、実に隙がありません。
十余年の歳月で練りあげられたという宣伝も
誇張ではないと思われます。
一般観客だけでなく、くろうと受けもする映画でした。

いやあ、映画って面白いものですネ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スーパーマーケットにて

スーパーマーケットにて

今日は家内に頼まれて、スーパーへヨーグルト1箱を
買いに行きました。
売場では、今しもスタッフの若い兄ちゃんが背丈ほど
に積んだ商品ケースのキャリヤーから、一心にショウ
ケースへヨーグルトを陳列しているところでした。
そばへ寄っても見向きもしないで作業しているので
しばらく、その手際に見とれており、全部陳列終わった
ところで恐る恐る目当てのヨーグルトを手にして、
2,3歩はなれかけたところ、空の商品ケースを押して
帰りかけていた、くだんの兄ちゃんはどこからか現れた
主任とおぼしき年配の人に呼び止められ、私の方を
見ながら何かささやかれていました。
どうやら、商品陳列に夢中で、客の私が待っている
ことに気づかなかったことを指摘されているように
見えました。

スーパーはもとさんの家の近所では、バス停1停留所
の間に3店がひしめく激戦地です。その中で、このM
スーパーが飛びぬけて集客しており、店員の爽やか
な応対で評判がよく、もとさんもお気に入りの店なの
ですが、未熟な接客に対し、すかさず実践的な指導
教育をしていたからか、と思い当たりました。

ヨーグルトひとつ買うのに待たされたうっとうしさが、
いつのまにか消えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おくりびと」(2)

「おくりびと」の原作「納棺夫日記」を読みたいと

市立図書館のHP図書貸し出し予約ページに

行ってみました。

今日の時点で予約者数38人となっています。

前回の経験で、14人予約で10ヶ月待ちです。

38人だとおそらく今申し込んでもこの本に

お目にかかれるのは来年か再来年か・・・・。

やっぱり、増刷分が本屋さんの店頭に出るのを

待って、自分で買い、読んだあと図書館に寄贈

することにしましょう。

待てよ!通販はどうかな?

中古で新品の4倍の値段を出せばすぐ手にはいりそうです。

MMMMM・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おくりびと」アカデミー外国語賞受賞

「おくりびと」アカデミー外国語賞受賞

「おくりびと」アカデミー外国語賞受賞で、日本中が喜んでいます。
原作を読んで感銘を受けた若い俳優が、満を持して15年後に
完成した映画だということです。
現代に題材をとり、非常に日本的なものでありながら、最高の国際
的な舞台で評価されたことは、すごい事だと思いました。
それで、上映中の映画館は、朝から満員の盛況だそうです。家内
も、近所のなかよしおばさんたちとこれを鑑賞すべく、さっそく日取
の相談をしていました。
人気は原作にも及んだが、売り切れで、増刷が本屋の店頭に並ぶ
のは4-5日先になるだろうと新聞は伝えています。商機を逃した
出版社の狼狽が想像されます。
昨年のことになりますが、当時、絵画展で再評価されTVでも評判になった、
画家の伝記が、新聞の書評があまりに魅力的だったため、図書館に閲覧に行きましたところ、
すでに貸し出しの予約が14件あり、窓口では、もとさんまで回ってく
るのに約10ヶ月かかると言われあきらめました。そして、自分で買っ
て読んだあと、その図書館に「予約待ちの人のために」と寄贈して
司書の方に礼を言われたことを思い出しました。
もとさんは、「おくりびと」映画も見たいし、原作にも興味があります。
映画はさすがに入場不能の事態はないでしょうが、原作はまた
買って読んで、図書館に寄付することになるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

年金受給額の試算

年金受給額の試算

社会保険庁から、将来の年金受給額の試算が示されたそうです。
テレビのニュースによると、現在の年金は現役時の62%であり、
将来はこれが50%に落ち着くだろうということだそうです。
つづいて若者が、年金への不満を、あきらめたような無気力な態度で
記者のインタービューに答えているのが映っていました。
将来は誰もこの予測を保証も実現することもできないことです。
しかし、マスコミのこの取材には違和感を感じました。
不満と不平を当然のこととして映し出す安易な表現に終始
するところに未来の希望は無いのではないか。
そうではなくて思いやりと励ましの視点はないのか。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越銘菓「福蔵」

川越銘菓「福蔵」

埼玉から友人が訪ねてくれました。

おみやげに、とずっしり重い菓子折りを持参。

埼玉、川越は由緒あるまちで、それに因んだ「最中」でした。

明日の教会の集会で出席者に食べてもらおうと思います。

以下、製造元のくらづくり本舗のホームページによると

11 くらづくり最中「福蔵」

角丸の小判をつかんだような快い重量感のある
最中。十勝産の小豆あんにつきたての福餅が入
った縁起の良い最中です。小江戸川越の蔵は、
耐火建築として大切なものを守る役割を担って
きました。最中福蔵も「福をまもる蔵」として生まれました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウエブ音楽の楽しみ

ウエブ音楽の楽しみ

もとさんのホームページからリンクして
楽しんでいるウエブ音楽のサイトがあります。
ピアノの曲がすばらしいです。
あつかましく、誰でも知っている「乙女の祈り」
を聴きたいとサイトの掲示板でお願いして
みたら、この度、アップされました。
そこに、わざわざ、この曲の音楽ファイル作成
にあたっての心遣いが、書き込まれていました。

「乙女の祈り」は音楽的には、単純で平凡なの
で、演奏として魅力をもたせるのが難かしい

そうです。ウエブ音楽として仕上げるのに
苦労されたことでしょう。しかし、もとさんの
聴いた限りでは、「乙女の・・・・」の題名に
ふさわしく、祈りと瞑想がこめられた情感
ゆたかな演奏に感じられました。
ウエブ音楽は電子的に音を造りだしていく
ものだから、楽譜どおりではあっても感情に
乏しいものが多いのですが、どういう手法
を使われるのか、彼女の作品は臨場感に
あふれ、もはや演奏と呼ぶべきであり、
ウエブ音楽の作家である前に、音楽家
としての感性を表現されており、すばらしい
と思いました。

多くのウエブ音楽のサイトに難曲はあっても
心をうつ名演奏がないのは仕方ないのかも
しれません。そんな中にあって、音楽の本質
を表現しようとする彼女のサイトの作品は、
ますます豊かなものになっていくことと
楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラスメートの訃報

クラスメートの訃報

大学同級生の会の幹事から、クラスメートS君の訃報の電話を受け
ました。
彼とはもう10年ほど会っていませんが、クラスメートの動静など、よく
知らせてくれており、クラス行事にはとかく不義理の多いもとさんに
気くばりをしてくれていました。彼に勧められて久しぶりに出席した
昨年末に行われたクラス会では、逆に彼の姿はなく、床についてい
るようだと聞かされたのでしたが、まさか先に亡くなるとは残念。
彼とは高校も一緒、大学も一緒、奇しくも専攻学科まで共にし、
学生時代には「熊野めぐり」の修学旅行という貴重な体験も共有し
た仲でした。
彼の死で、クラスの約半分が亡くなりました。先輩をみても、土木屋
はあまり長生きではありません。もとさんの場合、残された人生は
あとどの位あるだろうかと思案します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒に呑まれた財務大臣

酒に呑まれた財務大臣

国際会議に出席していたわが国の財務大臣
が記者会見で醜態をさらしたと問題になり、
ついに辞職されました。
酒豪で名のとおった方だったようです。
酒に自信があったので、つい気を許してしまった
というのが真相のように思われますが、弁解して
居座りを図ったのは見苦しい。
よく、首脳たちの晩餐会で、互いに杯を交わして
いる場面がニュースに出ますが、酒の苦手な政治
家はどうしているのだろうと心配していました。
しかし、酒好きのほうがもっと問題だとわかりま
した。
これからは、政治家はスピーチ・ライターのほか
に、作法のプロを同行して粗相のないようにして
いただきたいです。
わが国の政治家はスピーチ・ライターもいなかっ
たのでしたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作パソコン(2)

自作パソコン(2)

日曜日の午後、共同作業者の I 君をもとさん宅にきてもらって、
二人で自作テキストを読みながら、先日買ってきたパーツを
ケースの中に組み込んでみました。まず、はじめて経験する
CPUクーラーの取り付けは、予想外に指先に力が必要で、
もっぱら若い I 君にやってもらいました。
その他のパーツの取り付けなど約2時間の接続作業を終えて、
電源をいれてみましたが、やはり、パソコンはそんな甘いもの
ではなく、通電してファンも回っているのに、モニターには何
も映りません。
今回はここまでとして次回を楽しみに、家内のいれてくれた
コーヒーを飲んで解散しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自作パソコンのとりくみ開始、第一弾

自作パソコンのとりくみ開始、第一弾

いくつかの参考書を読みあさって、なんとか
自作パソコンの輪郭がきまりました。
それは、故障したり不足しているパーツを補充して、
なるべくもとどおりのPCに近いものをくみたててみる
という方針です。
これでは、もともとのPCが3年前のモデルですから、大した
性能は期待できませんが、もともと好奇心から、組立説明書も
失われている故障PCを活用する名目で、はじめてケチケチ自
作に挑戦する者が取り組むには、これと同等品の自作のかなり
詳しい解説が記載されている本があったので、ほとんどの作業
がこれを参考にすれば初心者でも比較的容易にやっていけるの
ではないかと考えたからです。

今日はPCショップへ行って、とりあえずどうしても必要と
思われる最小限のパーツを買ってきました。

Parts1 ・メモリー 512MB×2(新品)
・内蔵HDD 40GB(中古)
・WINDOWS XP(OEM版)

全部で約1万5千円の投資。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙ゴミについて

宇宙ゴミについて

今日の各新聞やTV、ネット番組の伝えるニュースには暗い気持ちになりました。

日本時間11日未明、シベリア(ロシア)の上空約800キロ・メートルで、
米露の人工衛星が衝突し、多数の破片が宇宙ごみとして散らばった。

というのです。
「まいど1号」の打ち上げ成功などで、世界水準に達したと胸を張っておっしゃ
ったわが国の宇宙開発関係者などのような思いでこのニュースを聞かれたことで
しょうか。

高度成長期に日本列島をごみだらけにした後遺症はやっと解消のみとおしがつい
たといわれています。わたしたちもエコやリサイクルにつとめなければならない
と自覚していますし、ささやかながら実行もしています。
しかし、いっぽうでは、もうあともどりできなくなった原子力発電の核廃棄物の
処理に世界中が頭を悩ましています。
そこへ、宇宙にもうん百年の間さまよいつづける衛星の残骸の存在が現実のもの
となったのです。これからも増えるいっぽうでしょう。

また、パンドラの箱を開けてしまった。それでも関係者にとって解決法もないま
ま宇宙開発は先を争ってつづけられていくのでしょうね。
もとさんはその結末を見ることなくこの世にはいませんが、それでも、愛する地
球の将来のために心配でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイの留学生に会いました

タイの留学生に会いました。

自作パソコンの参考図書を探しに近くの市立図書館に行きました。
今日は祝日なので、図書館は多くの閲覧者がいました。
帰りのバスは、休日ダイヤのため、次のバスまで30分もあり、
よほど歩いて帰ろうかと思いましたが、見れば阪大の留学生がひ
とりベンチに腰かけて待っていましたので、一緒に帰ることにし
て時間つぶしに話しかけてみました。このタイのバンコックから
きたという22歳の男性は流ちょうとはいえないが、かなりの日
本語の理解力があり、お互いの家族構成など楽しく話し合って、
バス待ちの30分が短く感じられたくらいです。将来は、翻訳家
になって、タイに日本文学の紹介をしてゆくのだと言っていまし
た。次世代のアジアを担う頼もしい青年に会えてよかったです。

ちなみに、バンコックでは基本的に路線バスに時刻表というもの
がないそうです。あちらではバスは来るまで待つものだそうで、
どうりで誰もいないバス停のベンチで30分ものんびり待ってい
たのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告

確定申告

確定申告。地域の税務署の出張受付が駅前のホールであったので、提出に行ってきました。

毎年のことであり、内容も貧弱なもとさんの確定申告は簡単なものです。

税務署の送ってくれた申告用紙の封筒には、e-TAXを利用してほしいと大きく書かれており

ましたが、もとさんは今回も、手書きで済ませました。巨額の開発費を投じた以上、お役所

としては一日もはやく普及してほしいところでしょうが、今年もどれだけの人がe-TAX申告

するでしょうか疑問です。もとさんはパソコンで書類を作成することには比較的親しんでい

るほうだと思いますが、年に一度e-TAXのためにのみ必要な設定を考えるだけでもうんざり

します。また、国税庁のサイトから申告用紙をダウンロードして、excel風に数値をあてはめ

ていくこともできるようです。パソコンの情報処理力を活用するねらいなら、そちらの普及

に力をいれてもらうのも一方法でしょう。しかし、確定申告の計算システムはもともと手計

算のために開発されたもので、非常に完成度が高いものです。いまさらパソコンにやらせる

ほどのことではない、電卓片手に手計算するほうが手っ取り早いという人が大多数なのはあ

たりまえのこと。私は来年も税務署から送られた用紙に手書きで済ませることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オペラ「トウランドット」

オペラ「トウランドット」

昨年の秋、横浜にいる娘が実家の親孝行にと、
オペラ「トウランドット」の東京公演の席をとってくれました。
はるばる東京まで夫婦二人ではとても行くわけにはいかない、と
娘の好意には悪いと思いつつ、その時は断ってしまいました。

最近になって、家内がお友達との会話の中でこのことを話したようです。
そしたら、このオペラのビデオを持っている方がいらして、此のたび
そのビデオテープを貸してくださいました。

「トウランドット」は、昔の中国を舞台にしたファンタジックなオペラで
作曲者プッチーニの名声もあって、わが国でも人気の高い作品です。
2時間の上演のライヴ録画をカーテンコールを含めて一気に観てしまいま
した。さすがプッチーニの最後の作品、面白かったです。

第1幕は状況説明が多くて、やや退屈ですが
第2幕は主役のトウランドット姫のくりだす3つの謎を異国の王子が解く、
    ハラハラドキドキで盛り上がります。
第3幕は謎解きに敗れた姫が王子の愛にほだされてめでたしめでたし。

謎解きの進行にからんで、王子を慕う召使が死んでご主人を守り、
忠義(秘めた愛)を貫く話がからみますが、その忠義は蝶々夫人や
歌舞伎の先代萩に似ていて、日本人の心情にフィットするものがあります。
娘もこのオペラのそのへんが好きなんでしょうか、私たちに見せたかった
気持ちがわかるようで、
嬉しいような申し訳なかったような複雑な心境になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀行キャッシュカード失敗の記

銀行キャッシュカード失敗の記

昨日から鼻の具合が良くないと思っていたら
今日は完全に鼻水だらだらでティッシュが手
放せない状態になり、花粉症と自覚しました。

そんな鬱陶しい気分で銀行へ行ったところ
キャッシュカードがATMを通らない。
「このカードはご利用になれません。お手数
ですが係までお問い合わせください。」
というメッセージつきの利用明細が戻ってきました。
係の人はカードの暗証番号の不正入力が複数回あったためで、
再発行以外に方法がない、と言って窓口に連れて
行ってくれました。
新しい機械にかける再発行の手続き用紙というのが何だか面倒。
書き入れる項目の位置がばらばらで書きにくく、
面白くなく思っていたら、窓口から呼ばれて店舗番号
が違うという。合併で番号が変わったので新しい番号
に書き直してくれとのこと。
こちらの都合ではないのにと大いに不満。
書き直して出したら、また呼ばれて、4枚複写の3枚目
に書き込むはずの暗証番号が抜けているという。
いつもの暗証番号を書き加えて3度目の提出をしたら
こんどは、これは生年月日を連想させるので受付られない
という。機械を通らないそうな。
なるほど、うん十年前に作ったカードで、その当時は
そんなうるさいことは必要なかった。みんな、もとさんが
悪いんです。・・・・・と思ったとたんに、不愉快さが我慢
できなくなり、「今日は手続きしない」と言い放って窓口
を後にしてしまいました。

大人げないが、不満が三つ重なりました。
1.企業の都合で永年親しんできた店舗番号を変えられた
2.新しい用紙のフォーマットは機械重視で、人間に優しくない
3.慣れ親しんだ暗証番号ともお別れだ

もうこの銀行のキャッシュカードは死ぬまで作りません。
ATMも使いません。
はんこ押した手書きの申し込み書で窓口取引します。

昔、やっていた人間同士のふれあい窓口がなつかしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ウインフィル・ニューイヤー・コンサート2009」

先月には「こころの歌」のテープを送ってくれた
北陸の弟から、今度は
「ウインフィル・ニューイヤー・コンサート2009」
のテープを送ってきました。
今年は子供たちの帰省で正月はそちらに忙殺され、
毎年元旦の夜に聴いていたくだんのコンサートが
聴けなくて残念だったと彼の電話のついでに言った
ところ、BSで再放送があったとかでそれをテープに
とってくれたのです。
2時間半の放送を演奏部分を主に2時間に編集
してありました。手間がかかったでしょうに彼はそ
の点、几帳面なのです。
さすがBS。もとさんはBSの視聴契約がしてないので
この再放送があったことも知りませんでした。
今年の指揮者はバレンボイムという人で、もとさんには
あまりなじみがありませんでしたが、この有名楽団に
招聘されただけに、風格あるみごとな指揮ぶりでした。
そして、もう30回近くなる恒例行事にもかかわらず、
ハイドン記念年に因んだハイドンの「告別シンフォニー」
のパロデイ演奏、少年少女バレエの演奏会場への登場
など正月らしい意表をついた楽しい趣向をこらし、
それでいて、最後に必ず演奏される「美しく青きドナウ」
と「ラデッキー行進曲」は正統的で堂々としていました。
また、弟に礼状出して、良かったと感想を書かねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「西の魔女が死んだ」

「西の魔女が死んだ」

今日はお友達の熟年女性がたと一緒に、とても感動的なビデオを観ました。
題名は「西の魔女が死んだ」です。
原作は2001年発表の新潮文庫で、その年小説部門の読者アンケート
第一位で評判になったそうです。
今日観たのは、それを昨年夏に映画化されたもののビデオ版でした。
原作の読者アンケートの多くは「最後の3ページは泣けて」というもの
だったようですが、原作に忠実なこの映画も、ラストシーンのヒロイン
の死でみごとにみんなのすがすがしい涙を流させてくれました。

もとさんももちろん泣きました。
韓流も泣けるけど、地味ながら誠実に作った邦画の良さは格別です。
難をいえば映画としての題名のイメージが悪い。ホラー映画と間違われ
かねません。
「とりびあ」をひとこと
この映画の中で魔女のおばあちゃんは、孫むすめが「おばあちゃん
大好き」といったあと英語で「I know」というのですが、これは有名映画
スターウォーズ帝国の逆襲の中でレイア姫が「I love you」と
言うのに対してハン・ソロが「I know」と応ずるシーンのパロデイ
だそうです。(視聴者レビューより)
ジョージ・ルーカスは自身の映画の中に名画の有名シーンのパロデイを入れて
先輩への敬意を表したそうですが、日本にも粋な映画人がいたもんです。
監督に座布団2枚!。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

タクシー運転席との仕切り板

タクシー運転席との仕切り板

奈良でタクシーに乗りました
運転席との間に仕切り板がちゃんとついていたので
「この板は?」とたずねてみたら、この地方では3年前から
装備されていたんだそうです。
大阪で、最近凶暴なタクシー強盗がたてつづけにあって
新聞にも、それに対抗する護身設備として運転席との
仕切り板の取り付けを行おうとするタクシー会社が急増し、
この板を製造しているメーカーの生産が追いつかない
と書いてありました。えらい世の中になったものです。
この車はすぐに取り付けが間に合ったのかなと軽い
気持ちで聞いたのですが、ここでは以前からつけて
あったとは・・・。
奈良の防犯意識が高かったのか、それとも大阪は
お客様第一でつけなかったのか。
善良な乗客としては、仕切り板はいかにも邪魔で、
これがなくて、あたりの景色を楽しみつつ目的地まで行きたいものだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もとさん77回目の誕生日

もとさん77回目の誕生日

今日はもとさんが生まれてきて以来のちょっとした節目の日です。

わが国ではこれを喜寿というようです。

家内と一緒に自分で喜寿の思い出をつくることにしました。

まず朝から二人で出かけ、Tデパートで欧米近代ガラス工芸美術の展覧会

があったのでそれを鑑賞し、そこのレストランでランチを食べました。

それから、電車で奈良西大寺へ行き、駅前のインターネットで評判の有名

パティシェの店Gでケーキとヌガーを買い、続いて近くの病院に入院中

の弟を見舞い、帰りは駅の売店で梅守のすしを買いました。

もう暗くなっての帰宅となりましたが、それから夕食に梅守のすしを食べ

デザートにG特製のケーキを味わうと喜寿の実感がいたしました。

ヌガーは私たち夫婦の子供のころの思い出の味です。最近見かけることが

ありませんでしたが、この有名洋菓子店にさりげなく売られていました。

明日はお茶の時間に、食卓の菓子鉢に盛って出し、昔の味を楽しみたいと

思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »