トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

お料理を習いに行きました

お料理を習いに行きました

生まれてはじめて、おっかなびっくり料理教室に出席しました。
昨年秋に、ガス給湯器を最近注目のエコ給湯機に交換してもらった縁で
その会社が主催している料理教室に招待があったのです。
3名ということで、同じ住宅の親しい奥様と家内、それにもとさんが
加わることになりました。
料理教室は本格的な料理学校で、今日は私たちのような招待者のための
特別コースだったようです。生徒は23名、男はもとさん一人。
4班にわかれて、それぞれ同じメニューを助手の先生の指導を受けなが
らこなしました。
献立はビストロ風簡単ランチ
 1.サーモンのベーコン巻き
 2.じゃがいものミルクグラタン
 3.きのこたっぷりスープ
 4.気まぐれサラダ
上記を班内でそれぞれ1ないし2品担当するのですが、
もとさんは一番簡単そうなサラダを真っ先に選ばしてもらいました。
それでも、用意されているサラダの材料は、かぶ、れんこん、ブロ
ッコリー、ラディッシュと、多様な野菜で、慣れない手つきでもた
もたして、ブロッコリーは結局他の奥さまに処理してもらう羽目に。
それでも約1時間の格闘で、無事できました。
「簡単ランチ」といいながら、この4品の料理の中身は正餐といっ
てもよいほどで、上の料理にパンが添えられ、さいごに主催者側で
あらかじめ用意された焼き菓子と紅茶が出て、味は大満足でした。

料理講習の間に、調理に使用する最新式のガス調理器の捜査説明が
あり、主催者のおもわくは、これらガス調理器の紹介、普及にあっ
たとおもわれます。
ごちそうになったから言うのではありませんが、このコンピュータ制御の

ガス調理器はなかなかのすぐれものと思いました。

帰りに更衣室の壁に貼ってあった正規のコースの受講募集をみると
各コースとも1回の受講で3000円ほどでした。今日のごちそう
も、街中のレストランで食べれば、このくらいの値段はするだろう
と思います。(1食もうかった(笑))
この教室に男だけを対象にしたコースもあり、人気があるようです。
機会があれば、3000円払ってでも参加してみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯医者へ行く

歯医者へ行く

このところ右奥歯の歯茎が、うっ血状態で気持ちが悪いため
思い切って1年ぶりに歯医者さんへ行きました。
近所でも評判の歯医者さんは大入りで、予約がないと診てもらえません。
やっと今日の午後5時半ということで予約がとれたので行きました。
大先生は、もとさんの訴える症状をざっときくと、かわりに新米先生が
やってきて、具合の悪い部分をあとまわしにして、ジェット水での口内
清掃。「上歯はよく磨けています」などと上手に喜ばせながら一応の処
置が終わり、あと大先生が問題の傷んでいる歯茎に薬(液体)を塗って
「しばらく食事はしないでください」との治療がありました。
その間約30分。治療費は後期高齢者の健康保険で約1000円。
さすがに清掃された後の口内はさっぱりして、散髪したての頭のようです。
問題の歯茎のうっ血は、加齢による歯茎の痩せのためにできた歯と歯茎
の間の空間に食べ物の残滓がはいりこむため、雑菌が繁殖して起こる炎
症とのこと。歯磨き清掃を心がけてください、といわれてしまいました。
次回は6カ月後に来てくださいとのこと。
たいしたことでなかったので、ひと安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作パソコンの手始めの参考書

今日は時間があったので市立図書館に行き
自作パソコン関係の参考書を探しました。
自作パソコンの歴史は長いようで、
1990年代のものから昨年出版されたものまで、
多種多様ありました。
その中から、今回のベースになるパソコンの
製造時期に近い2006年発行の本を借りました。
ついでに近くの本屋に寄って
「PCの自作」というタイトルの雑誌を買いました。
これは、
最近発売の高性能パーツを利用して最新のパソコンを
組み立てる記事が中心で面白く読めましたが、
いま3年前の大衆機をベースに修復を考えている
もとさんにはあまり参考になりそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石油ストーブよ、お前もこわれるのか!

石油ストーブよ、お前もこわれるのか!
Oil もとさんの書斎の暖房は、昔から石油ストーブです。
今使っているのは、購入後9年目の気化強制通気式ファンヒーター。
昨日、突然エラーランプが点灯して動作を停止してしまいました。
これもとっくに閉店した家電量販店で買ったものですから、新潟県に
あるメーカーのサービスへ直接電話したところ、修理部門へ連絡する
との返事でしたが、今日になって神戸の修理特約店と名乗るところか
ら電話がありました。
もとさんの説明を聞いた担当者は「電気系統の故障と思われるので、
基盤を交換する、同時に気化器が古くなっているのでこれは消耗品であるから不完全
燃焼等の事故防止のため新品と交換の必要がある。出張費込で約8千円かかる。こ
の古さだと修理してもいつまでもつかわからない。今は安くなっているので新品購入を

お勧めする」と。確かに、旧式の石油ストーブでは、何年おきかに燃焼筒を交換して
いたことを思い出しました。燃焼部分は故障してなくても消耗品なのでしょう。
最近、古いガスストーブの不完全燃焼での事故も新聞種になりました。
いずれにしても年金生活者には痛い出費、今年は修理も新規購入もあきらめ、
別室の電気ストーブを持ち込んで辛抱することにしました。

他人のこわれたパソコンの再生の面倒をみようと張切った矢先に、
自分のもっとも身近な製品がこわれていました。
物を耐用年数だけで見て使い捨てる、情けない時代になったもの
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自作パソコンに挑戦!

3inside自作パソコンに挑戦!

親しい教会信徒の I という若者がおります。彼が3年来使ってきた
パソコンがこわれて、新しいパソコンに買い替えたといいます。
話を詳しく聞くと、故障したパソコンをショップに持ち込んで
みてもらったら換気ファンが回らなくなっており、
そのため機内の温度が上がって電源部分が
焼き付いていて修理に10万円ほどかかるといわれたので、
そのぐらいならと修理代相当の新品を買ったそうです。
故障したパソコンは処分にお金がかかるので、とりあえず家に置いてあるという
ので、もとさんが貰い受けることにしました。
これが、本体外見は堂々たるタワー型で、まだ使える周辺装置一式が無傷でつい
ています。一晩考えて、前から手がけてみたいと思っていた自作パソコンを、
このパソコンのケースに組み込んではどうかと、彼をそのプロジェクトに誘いま
した。もとさんはスポンサー兼リーダーということです。
さて、どこからとりかかったらいいものやら?
とりあえず、故障といわれている電源部分を調べるところから二人の共同作業が
まもなく始まります。
いつまでかかるかわかりませんが作業の詳細はこのブログで記録していく予定です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「釣銭のユーモア」

「釣銭のユーモア」

15人ほど集まる集会があって、いつもは家内
がお菓子を用意するのですが、今日は別の用事
で出かけ欠席のため、行く途中思いついて近く
のスーパーで駄菓子を買いました。390円。
財布をみると、しまった小銭が足りない。
思い切ってレジの中年の女性に「一万円札で・・・」
といいかけるとそのおばさんはもとさんの顔をみなが
ら、すかさず「一万円はいいですよ、十万円札
はだめですけどね
」といって笑いかけてきまし
た。
大阪のおばちゃんはいいです。このとき生粋の
大阪人でないもとさんは、とっさにボケること
ができずに固まってしまって、苦笑するばかり。
この歳になって修行が足らんと反省。
楽しい経験でした。

蛇足:韓国には十万ウオン札があるそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宅配荷物送り状電子作成サービス」を体験しました

「宅配荷物送り状電子作成サービス」を体験しました

昨年の暮に、娘のところへ正月用品を送るべく近所の宅配便の店へ行ったところ、
無料の「らくらく送り状サービス」を誘われたので言われるままに申し込みしました。
年があけて間もなくメンバーカードが送られてきましたので、
その I  D に従って更にPCでパスワードを登録しました。
今日はその登録先への荷物があったので、はじめてこのサービスを利用して
みました。
操作は店頭のネコピットという端末にメンバーカードをかざし、
パスワードを入力するところからはじまり、
画面にでてくるこちらの名前、宛先の名前その他内容品名など必要事項を選んでやると、
たちまち送り状が印刷されました。
タッチパネルの端末はATMを操作するような感覚です。
宛名を印刷した送り状で届いた宅配荷物をうけとった娘たちが珍しがるか、また父親のモノ好きが始まったとあきれるか、どんな目で見るだろうかと
すこし楽しい期待を持っています。
これから、こちらの名前も家内の分を登録、また宛て名の数もいくつか増やしてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットの閲覧に苦労しています

もとさんのPC、NEC製でOSはvista home premiumです。
マイクロソフトのWindows Update が
「ブラウザ I E 8betaをリリースしたすぐにダウンロードしてくれ」
みたいなことをいってきたので、画面の指示に
従ってインストールしましたらブラウザ
の挙動がおかしくなりました。
そこで、NECの電話相談にお伺いをたててみました。
国内のメーカーはこういう場合、親身に相談に乗って
くれるのでありがたいです。

質問:
ブラウザ I E 8betaをダウンロードしましたが
以下のような現象がおこりましたので質問します。
ネットでページが表示されたあと操作によっては
別ページがポップアップで開きますがこれを閉じ
ようとすると画面がまっ白になってハングアップ
します。いろいろやってみましたが解決の唯一の
方法は、元の画面を閉じてから、画面の右上の
「閉」ボタンをクリックし続けると「このプロ
グラムは応答していません」とメッセージが現れ
指示にしたがって終了ボタンをクリックすると
はじめて画面が消え、デスクトップの画面に戻り
ます。
再開には、はじめからやりなおさなければならず
ポップアップ画面の出ないように配慮しつつ
ネットサーフィンする面倒さに我慢しきれません。
不具合にお心当たりがありませんか?、よろしく
お願いたします。

結果は、OSのサポートは、購入時にインストール
されたものまでで、新規にリリースされたものに
ついては、情報がないので答えようがないという
ことでした。しかも、I E はWindows の一部なので
他のアプリケーションソフトのように、不具合だ
から切り離すというわけにもいかないそうです。
FireFoxも使ってますといいましたら、「不具合さ
えなければ、それをブラウザのデフォルトになさ
るのがお勧め」と言われてしまい、一件落着です。
相談時間に余裕があったので、この際とばかり
質問の本題を離れてVistaの不満をあれこれいいま
したところ、「XPも出始めには問題が多くて
PACK3になってやっと落ち着いたのですよ、
vistaもそのうちよくなるでしょう」と・・・・
おそれいりました。でも電話を切ったあとも
不思議と悪い気はしませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『トールペイント』を習いはじめました

『トールペイント』を習いはじめました
教会のご婦人で『トールペイント』という手芸に15年のキャリヤをもつ方にすすめられ
有志5人が寄って、教えてもらうことになりました。もとさん以外は全員熟年女性です。

『トールペイント』は刺繍や、パッチワークのような手芸の一つです。
もとは世界の各地で描き伝えられてきた民芸絵(フォークアート)が
アメリカでアクリル絵の具(一般的に知られている水性ペンキのよう
なものです)の開発に伴い広く手芸として広がったものです。

まず最初は小物からということで、横20センチほどの楕円形の板に花柄の模様を描きました。
手本の作品があって、ひたすらそれをまねるだけですが、いつしかわれを忘れて筆先の動きに
没頭している自分がいて、驚きました。5時間ほどで描き上げることができました。

Tolepaint

最近、ストレス解消によいと、「おとなの塗り絵」というのが注目を浴びており、展覧会まで
開かれていると新聞に出ていましたが、このトールペイントも、お手本をまねて描く点で共通
するところがあり、上手に描こうというプレッシャーが全くないのも同じだと思いました。
老人の趣味としては、「塗り絵」同様、心身活性化のためなかなか良い効果がありそうです。
今日参加の一同、これからも続けていくそうなので、そのうち「トールペイントギャラリー」
が開けるかもしれないと楽しみです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一度「愛さつ」とはなに?

1月17日の新聞によれば、文化審議会の
漢字小委員会で審議中の「新常用漢字表(案)」が
ようやく大筋合意公表され、あらたに191字が
常用漢字に追加される見込みだそうです。
その追加予定漢字一覧のトップにある字はなんと
」。おもわず目を疑いました。
この字が戦後延々常用漢字から疎外されていたとは
知りませんでした。同じ表の中段には「」も
ありました。漢字の専門家のお歴々がこのような
わが国のよき文化、伝統を表現する文字を教育から
外していたとは怠慢だと思いました。
この新漢字表が正式に告示されるのは平成22年中
との見込みということで、能天気さに暗たん(澹)
たる思いであります。
「愛さつ」を掲げた大阪府民運動の識者はどのような
感想をお持ちか聞いてみたいところです。

大阪府教育委員会のホームページではさすがに

「あいさつ」とひらがな表記になっていました。Aisatsu

(「あいさつ運動」のロゴマークは、ご担当のお許しをいただいて転載いたしました)/p>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「愛さつ」ってなに?の続きです

昨日の「愛さつ」ってなに?の続きです。
これ、
大阪府教育委員会のホームページに出ていました。

府民運動「こころの再生」というのがあって、
そこで、平成17年12月に

大阪「こころの再生」宣言をしていました。

これにもとづいて、引き続き各種のアクションを展開
している(ホームページの表現)もののようです。

そこで、エッセンスをまとめた「こころの再生」あい言葉
が紹介されていました。

「ほめる、笑う、叱る」を愛言葉に。

とありました。協賛する企業も多数あるようですし、
これにもとずく府下学校の取り組みがあり
その中に「あいさつ運動」というのもありました。

そして、それらのシンボルとして考えられたのが
どうやら「愛さつOSAKA」というキャッチフレーズで
あったようです。
しかし、当初の宣言のなかに「愛ことば」という文言は
でてきますが「愛さつ」はありません。
また、上記の「あいさつ運動」の報告にも、「愛さつ」
という単語は見当たりませんでした。

誰がつくったのか、どう展開されていくのでしょうかね。
「愛ことば」といい、「愛さつ」といい、こんな語呂あわせは、
事柄が真面目なだけに、私にはどうしてもなじめません。
府民のみなさんは、語呂あわせまみれの「こころの再生」運動を
どのくらいご存じなんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「愛さつ」てなに?

「愛さつ」てなに?

今日のNHKのロ-カルニュースは
大阪府の教育委員会が、新しい教育方針を打ち出したと
教育委員長の記者会見の様子を報道していました
「学テ」の成績を反省し学力を挽回するため
各種の有効な施策を実行に移すのだそうです
もとさんは、発表内容より記者会見場の背景のポスター
が目ざわりでなりませんでした。
橋下知事になってから、彼の持論で記者会見の背景には
情報発信の重要な場所と位置づけられ
つねに目玉になるコピーが大書されていますが
今回の教育委員会の場合、背景には

「愛さつ」OSAKA

と書かれていました。
教育とはまず正しい日本語を教えその持つ意味をきちんと
伝えるところから始まるべきと思いますが如何。
どうしてこんな大切な言葉を素直に「挨拶」と書けないのか。
「愛さつ」とはしゃれたつもりでしょうが、教育の概念から
はずれている。目立ちたがりのコマーシャルで不真面目だ。
このポスターの情報はいったい、誰に向って発信しているのか。
腹立たしい思いです。
こんなふざけたお方に教育されても、

若者の学力は向上しないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BS日本こころの歌より「里の秋」を聴く

正月早々、北陸のK市に住む弟(70歳)から
「『BS日本・こころの歌』という番組を聴いてほしい」とビデオテープが送られてきました。
彼はクラシックファンで、時々ひょっこりと名演奏といわれるものをエアチェックして送って
くれていたのですが、今回は畑違いともいうべき日本の古い唱歌みたいなものが中心という
ことで驚き、当惑もしました。しかし、内容は私たちの育った世代の歌で、弟の思いどおり、
もとさんの胸にも熱いものをもたらしました。

番組のコンセプトは

日本人の中で永年愛唱歌として歌い継がれてきた名曲を、原版に沿った形で
フルコーラスでお届けする「BS日本・こころの歌」。
今回の新シリーズは視聴者から「あなたが選ぶ、もう一度聞きたい曲」を募集、
リクエストの多かった楽曲を基に、この番組から生まれた音大出身の
コーラスグループ「FORESTA(フォレスタ)」が、その美しくも凛とした歌声で熱唱します。(BS日テレホームページより)

ということで、彼はその中から30曲を120分テープに収めて送ってくれたのです。
収録されている歌の中で、
特に、終戦直後の復員兵を迎える番組で唄われて、大反響を呼んだという「里の秋」には、
涙が止まりませんでした。
戦火にさらされたとはいえ、当時の日本の自然は美しく、家族を思う人情は篤かったのだと
改めて偲んだ次第です。弟には「楽しく(泣き泣き)聴きました」と礼状を出すつもりです。

「里の秋」については「二木紘三のうた物語:里の秋」が詳しく解説されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グループホームの開所式に行ってきました

もとさんの住んでいる所から500メートルほどの畑の中にR・Sという
グループホームが建設されました。
R・S(イタリヤ語だそうでしゃれた名前ですが長くて憶えられません)
今日はその開所式で施設内の見学もできるというチラシがはいったので
家内と行ってきました。

新しい部屋はなかなか快適そうですし、食堂やホールなども明るくゆったりしていて
「これなら今すぐでも二人で移り住みたいね」などと機嫌よく話していましたが、
受付で貰ったパンフレットをよく見、案内スタッフの話を聞くと、
入所には要支援2から要介護1~5の認知症の認定
が必要であることが判明しました。

われわれはまだお呼びでないことがわかったので、

見学のあとの開所式とパーテイの出席は遠慮して、
パーテイのご馳走に心をのこしつつ帰りました。(笑)
しかし、この経験は後味の悪いものでした。
知識不足とはいいながら、うかつにも最近盛んに建設されているグループホームが
健康快適な老後の生活の場ではなく、認知症患者の収容所だとは思いもよらない
ことでした。この施設に入所するかどうかは、入所者が決めるのではなく、
要介護老人を持て余す周囲の人たちの都合によるのではないか。
もとさんの場合だと、地域のケースワーカーと、別居している息子や嫁が決める
ことになるでしょう。グループホームにだけは入る境遇になりたくないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットエクスプローラ8ベータ

先週FireFox3をインストールして、これから・・・・と思っていたやさきに

インターネットエクスプローラ8ベータをどうぞというメッセージがはいりました。

ダウンロードが順調にいき、もとさんのパソコンのブラウザ初期画面は

忽ちのうちにIE8になってしまいました。

操作性はIE7と似たようなものなので、IE系のブラウザに長年親しんでき

たこととて、FFに比べてどうもとっつきやすい印象です。

しばらくこっちを試してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットワーク接続の今昔

教会の牧師が新しいノートパソコンを買いました。
ネットワークがつながらないというので見てあげました。
新しいパソコンはOSはvistaです。
教会のインターネット接続は5年前のADSLで無線LANつき。
昔のものとてクライエント用のLANアダプターはXPしか対応
していませんでした。
これではつながらないはずです。
近所の家電店でVISTA対応のアダプターの一番安いのを
買ってきて新しいパソコンに装着したところ、あっさりと自動で
接続してしまいました。
最近のプラグインはまったく手間いらずですごいです。
もとさんが8年前ADSLを導入して、無線LANの設定に
四苦八苦したことを思い出し、感慨を覚えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断の予約をしました(後期高齢者の場合)

もとさんはサラリーマン退職後、居住市の国民健康保険で毎年一回
健康診断を受けてきました。
市の保健センターから、その時期になると受診案内のハガキがきます。
今回も年末に案内があったので予約申し込みの電話をしました。
窓口の女性は、なんと後期高齢者は制度が変って、国民健康保険の
被保険者でなくなったため市民の健康診断の受診対象にはならないと
言うではありませんか。
昨年まで1万円あまりで受けていた健康診断が、同じ内容の健康診断を
受けると自費扱いで3万円あまりになるとの説明がありました。
後期高齢者医療広域連合から無料の
長寿(後期高齢者)医療健康診査受診券」(これ正式名称)が来ていたし、
市役所からは、これも無料の「生活機能評価受診票」が送られてきていたので、
これらを併用して、今年は昨年よりさらに安く健康診断が受けられるものと期待
していたので、一瞬わけがわからなくなりました。
窓口の女性も同情して、一般受診の項目から、後期高齢者の無料で受けられる
ものを除いて受診することはできないか検討させてくださいといってくれ、
一旦電話をきりました。やがてかかってきた電話の回答は
「後期高齢者の無料で受けられるものを除いて受診しても
ほとんど費用は変わらない」というものでした。
理由は、無料受診できる項目はかぎられており、
血液検査ひとつでも従来の検査項目に対応する検査のためには、
もう一度血液を採取するところからやりなおさなければならないなど、
検査に重複がおこるほか、がん検診等、費用のかかる検査は
無料検査には含まれていないためだそうです。そして
従来の総合健康診断を受けておくほうがご安心ですよ、というのです。
もとさんは彼女の助言に同意して3万円の総合健康診断を受ける予約をしました。

麻生さんの呉れる「定額給付金」はもとさんには健康診断受診料として、
「消費」されることになりました。             めでたし、めでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お正月が終わる?

今日は、こよみでは「七草」です。
我が家では、正月料理の残りを夫婦ふたりでかたづけなければならないので
縁起ものの今年の七草がゆはしませんでした。
そして、お正月を終えるための仕事をしました。

家内は子供たちの使った食器のかたづけやシーツの洗たく、私は、
もう、遅れた年賀状も来なくなったので、親戚とか知人別に整理してまとめ、
欠礼や喪中の方への挨拶状を15枚書いたところで、娘より電話あり、
孫の置いていったピアノの楽譜が明日必要、速達でおくってほしいとのこと。
ハガキと速達の用で郵便局へ行って一日が終わってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FireFox まづ、ひとつクリヤーしました

昨日、もとさんの作成したホームページで、
FireFox3とIE7でブラウザの表示が一部異なることを発見しましたが、
これについてはなんとか解決しました。

それは、画像の表示位置がずれる、ということでした。
そのページのHTML該当カ所のSTYLEの記述をみると、
画像位置指定がありませんでした。
そこで、画像位置を指定するposition property を
追加記述したところ、こんどは、両ブラウザとも同じ位置に表示
してくれるようになりました。

やれやれ、といったところですが、考えてみると
ブラウザには初期値というものがあって、
HTMLの中にわざわざ記述しないでも実行する部分がかなりあります
文字フォントの書体やサイズは指定をしなくても一応見られた文章表示になりますし、
色、背景、テーブルの余白・罫線また然りです。
表示場所指定においては、指定のない場合、気を利かして、
適当なところに表示するのでしょうか。

今回はそれぞれのブラウザで判断が異なったのでしょう。
いままでは、安易にEI7ブラウザの卓越した表示力に頼って、
あまり考えたことはなかったのですが、
HTMLは丁寧に書かなければいけないと反省しました。
既公開のページも早速両ブラウザでチェックして
表示の差があれば修正していきたいと思います。
ホームページ作成ソフトではどうなんでしょうかね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラウザに翻弄されました

もとさんは、キリスト教のちいさな教会の信徒で、
その教会のホームページの管理者をしています。
今日は好奇心を出したせいでホームページ更新に手間取りました。

クリスマスが過ぎて、トップページの衣更え;をしました。

終わりかけたころ、画面に突然メッセージがあらわれて、realplayerのバージョンアップの案内がありました。
どうやら、私の使っていたrealplayerは古いものだったらしいです。

無料ということでもあるし、好奇心にかられて
案内に沿ってインストールしました。

途中で、こんどはFireFoxも・・・という案内。FireFoxには興味があったので
これもインストールしました。

終わってみると

デスクトップのhtmlファイルのアイコンはみごとにMozillaFireFoxに化けおおせていました。
早速試したインターネットブラウザの感触はまずまずといったところ。

しかし、音が出ない(プラグインが必要とのメッセージ)。
さらに、画面表示もIE7とは微妙にずれがあり、
とりあえず、今までどおりのブラウザを呼び出して更新を終えました。
ブラウザはFireFox3になってしまった(ひと手間かけてIE7を使えば別ですが)ので

これからしばらくは、どんな状態が起こるのか気になるところです。
肝心のrealplayerの新バージョンについてはまだゆっくり試すところまでいきません。
また、教会のHPをFireFoxで閲覧していた方は、

これまで画像のずれた画面で見ておられたのかなと心配になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫娘、おもちゃ屋さんに行けず、涙。

娘一家が年始挨拶に来たので、帰省中の息子一家を加え、総勢9人。

今日はお正月一番のにぎやかさでした。

小1の孫娘は、
お年玉でおもちゃを買うべく楽しみにしていたのに

娘が久しぶりの実家に長居して遅くなり、親の都合で、
帰る途中で行くはずだったお気に入りのお店には
寄らないことになって、涙。

かわいそうなことをしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朋あり遠方よりCALLる

年明け早々にアメリカに住んでいる小学校の同級生から

国際電話がありました。一年以上便りがなかったし、

隠退するので家を探しているとのことだったため

年賀状も書かなかったところへ、突然の電話。

思わず長話をしてしまいました。

彼は年末に転んでレンガの角で顔を打ち、口の中を切って

6針も縫うはめになったとか。

こちらも負けずに

この3年間に2回もはしごから落ちた話をしてやりました。

論語に曰く

 「・・・これを習う、亦(また)説(よろこ)ばしからずや。

     朋(とも)あり遠方より来る、亦楽しからずや。」

とあるそうですが、

さしずめ、もとさんはパソコンを習う亦「説」、友よりCALL亦「楽」

ならずやといったお正月です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族そろっておせちをいただくのこと

家族そろっておせちをいただくのこと


あけましておめでとうございます

わが家では

3年ぶりで、海外勤務を解かれた長男夫婦と孫ひとりが

帰省して元旦の食卓を賑わしてくれました

おせちは嫁が京都の老舗割烹に特注してくれた四の重

品数は51品と豪華なもの

もとさん76歳、もうこんな(一家揃う)機会はないかもしれないと

おせちを前に老若ふた組の夫婦と孫の記念写真を撮りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして

Profile1 後期高齢者のもとさんです

大晦日に小1の孫が来て似顔絵を描いてくれました

素敵なプロフィールで満足です

2009年元旦からブログをはじめます

みなさんよろしく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年2月 »